prob11.ボランティアがいるから途上国が自立できないんだ、といわれたとき

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

%e8%87%aa%e7%ab%8b_r

 

 

自立

って、なんでしょうか?

 

まず そこから
考えてみたいです。

 

たとえば
世界を、ひとつの家庭にたとえてみます。

 

お父さんが稼いで、
お母さんが専業主婦の場合。

バリキャリ女性が稼いで、
ヒモ的な男性と暮らしている場合。

どちらも、片方は “ 経済的 “ に
自立や成長をしていません。

でも
お互いが納得しているなら、
別に いいのかもしれない。

そこには 「みな 経済的に 自立するべきだ」
と考える 誰かがいるにすぎないのです。

 

もしかしたら
その 誰かが
本当に心配しているのは

自分の望みに反して
誰かの態度が
いつまでたっても
変わらないことなのかもしれません。

 

もしそうなら
それは、

ボランティアだとか
ビジネスだからとか
そういうことは、関係ないのです。

その仕事のやりかたが、下手なだけなのです。

 


――  Within 300 characters

協力隊の活動中にありがちな
「イライラ」や「落ちこみ」がマシになるかもしれない
励ましテキストを (300文字以内) でお届けしています。

ほぼ毎週 木曜日に更新中。

みんなの 悩みが、ちょっと軽くなりますように。
ハホナマタータ!(No problem!)

 

▽最近の更新
prob 8.怒ってばかりのとき、怒られてばかりのとき

prob 9.日本の家族や友達に会いたいとき

prob 10.チャイナ!と言われすぎて、いい加減にしてほしいとき

その他のバックナンバーは こちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメント投稿は締め切りました。