prob6.「協力隊」なのに、現地の人に助けられてばかりで落ち込むとき

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

%e5%af%9d%e9%a1%94_r
途上国のひとたちの、役に立ちたい。

そう思って
こんな遠くまで来たのに、

いまの自分は
助けられてばっかりだ ・・・

 

 

「助ける」 と 「助けられる」

 

に わけると、
この世は なぜだか
生きづらくなります。

 

わけるの
やめてみませんか?

 

きっと わたしたちは
ただ、「助けあっている」のです。

 

自分の力で
誰かを助けたい
役に立ちたい

 

そう思うのは、自然なことです。
すてきなことです。

 

でも、もしかしたら。

あなたのそばにいる そのひとは
ただ あなたと
「一緒に、助けあって過ごしたい」
のかもしれません。

 

そんな、
出会ったばかりの あなたのパートナーは
あなたの夢や、やりたいことも
きっと 応援してくれます。

 


――  Within 300 characters

協力隊の活動中によくある
「イライラ」や「落ちこみ」がマシになるかもしれない
励ましテキストを (300文字以内) でお届けしています。

ほぼ毎週 木曜日に更新中。

みんなの 悩みが、ちょっと軽くなりますように。
ハホナマタータ!(No problem!)

 

▽最近の更新
prob 3.「〇〇ちょうだい」と言われすぎて、いい加減、萎えているとき

prob 4.JICA 調査員さんに活動の相談をした結果、余計モヤモヤするとき

prob 5.約束をすっぽかされたとき

その他のバックナンバーは こちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメント投稿は締め切りました。