prob4.JICA 調査員さんに活動の相談をした結果、余計モヤモヤするとき

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

%e8%aa%bf%e6%95%b4%e5%93%a1_r

 

自分の悩みや、やってみたいこと。

JICA 調査員さんに話してみたけれど
なんだか、
思っていたのと違う反応。

すとん、と腹落ちできない
回答が返ってきた。

 

その「期待はずれ」な状況が
おこってしまうのには

2つの理由が、あります。

ひとつ、 状況をわかりあえていないから
ふたつ、 立場上 なんともできないことだから

現場の状況を一番わかっているのは
隊員です。

自分以外の誰かが
察せるわけがありません。

自信をもって、
自分が信じる道をすすみましょう。

そして、
状況をうまく説明できるように
工夫してみましょう。

 

”JICA 職員の立場” については、
こちらの記事も参考にどうぞ。
→ 青年海外協力隊の実態を「お見合い結婚」にたとえてみたら

 


――  Within 300 characters

協力隊の活動中にありがちな
「イライラ」や「落ちこみ」がマシになるかもしれない
励ましテキストを (300文字以内) でお届けしています。

ほぼ毎週 木曜日に更新中。

みんなの 悩みが、ちょっと軽くなりますように。
ハホナマタータ!(No problem!)

 

▽最近の更新
prob 5.約束をすっぽかされたとき

prob 6.「協力隊」なのに、現地の人に助けられてばかりで落ち込むとき

その他のバックナンバーは こちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメント投稿は締め切りました。