【協力隊のその後?】帰国後10ヶ月の同期たち14人の様子を聞いてみた!

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

こんにちは。協力隊3年目のエツコです。普通は協力隊って2年間のプログラムなんですよね。というわけで、山の中で70日の事前研修をともにした同期たちは、もう帰国して10ヶ月。

すっかり日本に馴染んでいるのか、いないのか? イリュージョンはどうなったんだ!?

協力隊を終えた隊員が、どんなふうに過ごしているのか気になったので、帰国した同期隊員たちに、真面目なアンケートに答えていただきました。(任期終了10ヶ月後の様子)

ov_top

いろんな先輩隊員の後ろ姿をみて、自分もこんな感じになりたいなー。とか、こういうパターンもありなんだ!など、想像をふくらませてみてください。

進路情報だけでなく、現役隊員への応援メッセージ、任地に持っていって良かった物の情報もいただいてます。また「後輩隊員からの相談OK」という方には、コンタクト先も記載してもらっています。

それではどうぞ!

 

旅をしながら、資格の勉強

美容師 → 中東 → 準備中(訪問美容)

タリヤ
タリヤ

Q協力隊に来る前の所属は?
美容院

Q協力隊での活動は?
派遣国:中東
職種:美容師

Q帰国後、なにしてる?
・JICA関係で知り合った方々に会いに行く旅行で、アフリカへ
・資格をとるための準備中(介護職員初任者研修、食生活アドバイザー)
→ 訪問美容がやりたくて、有った方が便利かなと。本当はファイナンシャルプランナーの資格も欲しい!
・今後は美容師もやりたいけど、国際関係も何かできればと考えてます。

Q後輩隊員へのメッセージ
迷ったら、とりあえず行動してみる!
様々な選択肢で迷うこともあるかと思いますが、まず1歩進んでみることが大事だと思います。

Q派遣国にもっていって良かった、個人的にこだわりのもの
・ハンディスキャナー (現地の教科書や資料をデータ化できた)
・日本のコスメ (職種柄、話のネタになった)

Q相談してもいいですか?
Facebookのメッセージからお願いします。

 

NHKラジオのスワヒリ語班でアルバイト

看護師(手術室) → タンザニア → 大学院 (助産学)

ゲララ
ゲララ

Q協力隊に来る前の所属は?
聖路加国際病院 手術室 看護師

Q協力隊での活動は?
派遣国: タンザニア
職種:看護師(5S – KAIZEN)

Q帰国後、なにしてる?(&今後の予定)
・任期を5ヶ月延長して、今年6月に帰国しました。
NHKラジオの国際放送局スワヒリ語班でアルバイトしてます。
→ (タンザニアでスワヒリ語を使用していたことから)
・たまにクリニックで単発のアルバイトも。
・来年4月より聖路加国際大学院 助産学専攻に進学予定。

Q後輩隊員へのメッセージ
隊員OBコミュニティはとても広く、また帰属意識が高い方も多くいらっしゃるので、帰国後も色々なご縁で繋がったり、さらに様々な事に挑戦する機会に恵まれたりします。長いような活動もいつかは終わりを迎えることを念頭におき、今しかできないことをめいっぱい楽しんだらよいかと思います。

Q派遣国にもっていって良かった、個人的にこだわりのもの
細かい目盛りの測り(料理用)、花粉用メガネ、キャンドル、家庭用脱毛器

 

学生(英語漬け)から、開発コンサルへ

学生 → ルワンダ → 開発コンサル

ジェラード
ジェラード

Q協力隊に来る前の所属は?
学生(卒業後、英語の教員免許をとりながら、英語の勉強ばっかりしてました。)

Q協力隊での活動は?
派遣国:ルワンダ
職種:小学校教育

Q帰国後、なにしてる?(&今後の予定)
国際開発コンサルタントとして中央アジアのインフラ整備に携わっています。
数年後に修士号をとって、協力隊時代と同じ教育分野の開発に携わります。

Q後輩隊員へのメッセージ
自分の人生で「協力隊の2年間」をどんな位置づけにするのかを考えると、いい2年間になると思います。2年はあっという間なので、後悔しない2年間を!

Q派遣国にもっていって良かった、個人的にこだわりのもの
iPad (本や映画を首都でダウンロード。途上国の田舎の必需品!)

 

地元に戻って、こども&まちおこし

高校教師 → タンザニア → 石巻の公益社団法人

稲村友紀(ゆっき)
稲村友紀(ゆっき)

Q協力隊に来る前の所属は?
私立高校教員

Q協力隊での活動は?
派遣国:タンザニア
職種:数学教育

Q帰国後、なにしてる?
津波で町の約8割を失った宮城県石巻市雄勝町にある、こどもの複合体験施設「モリウミアスにて勤務中。
震災から立ち上がる町や、そこにある豊かな自然から”生きる”ことを学ぶ、こどもたちへ向けたプログラムを運営しています!

Q後輩隊員へのメッセージ
思いっきり挑戦して、失敗して、成長できる。 現地の方と過ごす2年間という貴重な時間を楽しんでください!

Q派遣国にもっていって良かった、個人的にこだわりのもの
シャンプー、ボールペン、ホチキス!
(教材を作る際に必要な、文房具類や画用紙、スケッチブックは日本から)

Q相談してもいいですか?
Facebookを通してメッセージ送ってもらえれば、質問など答えられます!

 

タイ・タイ・タイ!

タイNGO → タイ → タイ大使館

カオスワイ
カオスワイ

Q協力隊に来る前の所属は?
タイNGO、プロジェクトコーディネーター

Q協力隊での活動は?
派遣国: タイ
職種:青少年活動

Q帰国後、なにしてる?
在タイ日本大使館
草の根・人間の安全保障無償資金協力コーディネーター

Q後輩隊員へのメッセージ
協力隊の魅力は自分の職種だけではなく、色んな分野の方と知り合い、学べることだと思います。まだまだ知らないことをいっぱい吸収して、活動や将来に活かしてほしいです。

また、自分の活動を“ボランティア”とするか、現地の人と責任持って“仕事”するかは、意識次第だと思います。私は配属先の環境が良かったこともあり、「一職員」としての意識を持って活動でき、少なからず活動内容に影響しました。気持ちや環境のギャップもあると思いますが、ボランティアという立場に囚われず思い切って活動してください。

Q派遣国にもっていって良かった、個人的にこだわりのもの
参考書は重いのでデータ化、液体ムヒ、おしゃれ&高性能な日本の文具

 

今は青森(JICA)、将来は富山(地元)。

高専生 → モンゴル(バスケ)→ JICA東北

大場 由太(おおば ゆうた)
大場 由太

Q協力隊に来る前の所属は?
富山高等専門学校 学生(新卒参加)

Q協力隊での活動は?
派遣国: モンゴル
職種:バスケットボール

Q帰国後、なにしてる?(&今後の予定)
JICA東北 青森デスク 国際協力推進員
・推進員は、年度末の更新で最長3年での契約
・将来は協力隊で培った能力を故郷に還元して、地方活性化の一助に
(故郷の富山でゲストハウス、コワーキングetc..)

Q後輩隊員へのメッセージ
私が協力隊を目指し、派遣された年齢は21歳。社会人経験無しの学生上がりで参加しました。二年間の活動は現地の人とぶつかり合うことが多く、思った通りに進まないことだらけで自分自身の無力さを感じました。しかし、だからといって「社会人経験が協力隊活動をよりよいものにするためには不可欠だ」とは思いません。白紙の自分を日本で染めたいか、途上国で染めたいかで考えてもいいと思います。

帰国後は二年間の協力隊経験を活かし、JICA国際協力推進員として青森デスクを担当しております。県内におけるJICAボランティアへの参加促進や、国際協力の理解促進を図る活動をしています。個人的には、帰国後の進路に悩むのは派遣されてからでいいと思います。途上国生活の中で、多様な価値観と触れながら次の道を模索することも楽しみのひとつです。まずは直感と行動力を大事に。

Q派遣国にもっていって良かった、個人的にこだわりのもの
魚の缶詰(モンゴルのように内陸国で魚が食べられない国では宝物に。)

Q相談してもいいですか?
JICAの仕事もしていますので、どなたでもどんな質問でもいいですよー
→ Facebook  / メール ブログ

 

まっすぐ、国際協力!隊員との連携も♪

商社営業 → ウガンダ → 開発コンサル& NPO

けいてぃ
けいてぃ

Q協力隊に来る前の所属は?
商社営業 (化学品原料を国内外で売買していました。)

Q協力隊での活動は?
派遣国: ウガンダ
職種:コミュニティ開発

Q帰国後、なにしてる?(&今後の予定)
・2015年12月に帰国、2016年4月から開発コンサルで勤務中。
・現在はタジキスタンとウガンダのプロジェクトに関わっています。
・プライベートでは、元ウガンダ隊員の人がNPOを立ち上げたので、その運営も。

Q後輩隊員へのメッセージ
運営に携わっている、国際協力NPO「Global Bridge Network」では、各国の隊員さんとの連携も進めたいと思っています。

NPOのブログで活動の宣伝をしてもらってもよし、収入向上活動で現地の人がつくったグッズを販売したいけど、売り先がない…!なども協力したいです。何かお困りのことや必要なことがあれば、お気軽にお問い合わせください♪ (→ 団体Web

Q派遣国にもっていって良かった、個人的にこだわりのもの
ねるねるねるね等の知育系お菓子、粉末寒天(冷蔵庫がなくても固まる)

Q相談してもいいですか?
質問等の受付、OKです☆( → Facebook 

 

世界一周中。

理学療法士 → モンゴル → 世界一周

Akira
Akira

Q協力隊に来る前の所属は?
某病院リハビリテーション科 理学療法士

Q協力隊での活動は?
派遣国: モンゴル
職種:理学療法士

Q帰国後、なにしてる?(&今後の予定)
・一か月間日本でリフレッシュタイムをとった後、南米より長期旅行スタート。
・旅の様子は こちら (Projects-for-A)
・現在約25か国を訪問(2016年10月時点)
・その地で暮らす人々と語らい生活を体験するとともに、世界各国の絶景に日々心をときめかせています。
・年明けに帰国予定で、その後は、理学療法士として再び現場復帰するか、それとも違う畑に飛び込むか、現在将来を見据え日々検討しています。

Q後輩隊員へのメッセージ
辛すぎで自暴自棄になることもあると思いますが、そのつらい体験も含め今しかできない大切な経験だと思います。大きなことをしようとは思わないでいいから、目の前の人達を大切にすることから始められたら、きっと振り返った時にいい2年間になると思います!死ぬこと以外、かすり傷ってことで、思いっきり楽しんでください!!

Q派遣国にもっていって良かった、個人的にこだわりのもの
電化製品全般(PC,カメラ,等々)/ 日本での活動や生活などの写真

Q相談してもいいですか?
Facebookを通してメッセージ送ってもらえれば、質問など答えられます!

 

なりたい分野への転職のきっかけに

エンジニア → 南アフリカ → 科学教育センター

YUKISH
YUKISH

Q協力隊に来る前の所属は?
産業機械メーカー 研究開発部、エンジニア
新しい科学技術を、製品 (機械) に応用する仕事をしていた。

Q協力隊での活動は?
派遣国:南アフリカ
職種:科学
科学館で、子ども向けの体験ワークショップを担当。
新しい科学技術を紹介したり、工作も教えていた。

Q帰国後、なにしてる?
・協力隊をきっかけに、やりたかった科学技術振興の仕事につけた。
・国際会議などで、教育センターの活動や教材を紹介。
・途上国での科学教育のための国際交流プログラム運営。
・メインはバックオフィス。たまに自分でワークショップもやる。

Q後輩隊員へのメッセージ
失敗をいっぱいしよう!

Q派遣国にもっていって良かった、個人的にこだわりのもの
英英辞書。「Oxford Advanced Learner’s Dictionary(ペーパーバック)」
紙辞書のいいところは、単語にマーカーで線が引けるところ。任地で暇なときに読んでいた。

 

現地NGOに口説かれ、シアバター。

国際協力NGO → ブルキナファソ → 現地NGO

江田慶子
江田 慶子

Q協力隊に来る前の所属は?
国際協力NGO ピースウィンズ・ジャパン
広報・ファンドレイズ担当

Q協力隊での活動は?
派遣国:ブルキナファソ
職種:コミュニティ開発

Q帰国後、なにしてる?(&今後の予定)
ブルキナファソ現地NGOに就職。
・シアバター製品のマーケティングや販路拡大を担当。

Q後輩隊員へのメッセージ
特に、これから国際協力を仕事にしたいと思っている方へ。他のどんな職業の人よりも、協力隊は圧倒的に現地の生活を知り、体験することができます。これは国連・JICA・大使館・NGOで働いても絶対に得られないものです。「現地の人々に寄り沿って」何ができるのか、協力隊員経験者だからこそ考えられることがあると思います。

また、ブルキナファソのシアバターを日本へも販売しようと計画中です。シアバターに興味ある方はぜひご連絡ください♪(お肌しっとり、つるつるに)

Q派遣国にもっていって良かった、個人的にこだわりのもの
ワンプッシュ蚊取りスプレー。蚊にもハエにも1分で効きます。

Q相談してもいいですか?
お問い合わせは Facebook からどうぞ。ブルキナファソでの 活動ブログ もご覧下さい。

 

帰国後に、独立。

建築設計事務所 → ジンバブエ → 建築設計事務所(独立)

神谷勇机
神谷 勇机

Q協力隊に来る前の所属は?
建築設計事務所(建築意匠)

Q協力隊での活動は?
派遣国:ジンバブエ
職種:建築

Q帰国後、なにしてる?
日本で建築設計事務所を開設しました。(独立)
・国内の住宅や商業施設、街づくりのプロジェクトをしています。
・協力隊のつながりで、アフリカでのプロジェクトも行っています。

Q後輩隊員へのメッセージ
2年間での自身の成長は、タイムリーで派遣国への技術移転のクオリティを向上させますし、帰国後に得られる様々な機会(チャンス)を活かす土台にもなります。
派遣後を見据えての2年間(派遣前の訓練も含む)の過ごし方をしっかりイメージして派遣されることが重要だと思います。

Q派遣国にもっていって良かった、個人的にこだわりのもの
小さい折りたたみ傘、無線LANルーター (みんなで繋げて便利)

Q相談してもいいですか?
事務所の ホームページの問い合わせ からいつでも相談OKです。

 

現職参加で、帰国後イリュージョン☆

国内電機メーカー → タンザニア → 現職で同部署

みっちー
みっちー

Q協力隊に来る前の所属は?
国内電機メーカー
ソフトウェア開発担当(3年)を経て、商品企画担当(1年)

Q協力隊での活動は?
派遣国:タンザニア
職種:PCインストラクター

Q帰国後、なにしてる?
・現職参加で元の会社に戻りました。
・奈良県にある工場の元いたオフィスで参加前と同じ仕事(商品企画担当)をしています。
帰国を機にタンザニアの同期隊員とお付き合いを始め、結婚しました。
・先々は、海外と関わりを持てる環境で、何か世界・社会のためになる仕事がしたいと考えています。

Q後輩隊員へのメッセージ
協力隊活動を通して、これまでの価値観は大きく変わり、視野が広がり、たくさんの人と貴重なつながりを持てました。

僕は協力隊参加の前後で同じ仕事をしていますが、自分の価値観や気持ちの変化がとても前向きな変化をもたらしてくれたと感じています。人生いちどきり、チャンスがあれば是非とも思い切ってチャレンジしてみてください!

Q派遣国にもっていって良かった、個人的にこだわりのもの
・スポーツ用のサングラス (三輪タクシー乗車時の砂埃よけにも)
・ユニクロのエアリズムの下着 (すぐ乾く)
・手ぬぐい (風呂上りに洗ってサッと乾く。水も少量でOK)
・ボールペン等の筆記具 (現地のはすぐ書けなくなる)
・扇子 (持ち運びに便利。日本の文化紹介にも◎)

Q相談してもいいですか?
質問や相談があれば、Facebookでどうぞ!

 

メディアで人を繋ぎ続ける。次の舞台は…

テレビ報道 → バングラデシュ → NY短期留学 → ?

あんどん
あんどん

Q協力隊に来る前の所属は?
テレビ局、報道記者として日々のニュースを取材・制作していました。

Q協力隊での活動は?
派遣国:バングラデシュ
職種:コミュニティ開発

首都から8時間離れたコミュニティラジオ局で番組制作を支援する…はずが!!いつの間にか、ラジオ体操のお姉さんになっていました。

きっかけは1日3食カレー、体操習慣のないバングラデシュの生活習慣病の問題に気づいたこと。そして、バングラデシュの音楽・詩などの豊かさに魅了されたこと。ベンガル人の表現力を活かしたオリジナル体操を作って生活習慣病解決の1歩にしたい!と、バングラデシュの国民的体操づくりプロジェクトをはじめました。

そして完成した体操が…「チョルチョル体操」!
隊員の力も借りて普及、ゆるキャラ・「ばんトラくん」も体操に参加し、国営テレビでの撮影もしました。いったいどんな体操!?ご覧下さい☆

Q帰国後、なにしてる?(&今後の予定)
・帰国後、3か月のフィリピン語学留学
ニューヨークの映画学校へ2か月、短期留学
・今後は、日本の文化や伝統を世界に映像で伝える仕事をしたいです
マイナー岐阜・瑞浪をマイナーに盛り上げるブログはじめました。

留学先のニューヨークの映画学校では、国を越えてインド、ロシア、ブラジル、アメリカ、メキシコ、ジャマイカ、アルゼンチンなどのクラスメイトと一緒に映画制作を学びました。価値観の違いが作品に出て、こんな発想もあるのか!と新発見。刺激的な日々でした。ニューヨークにはベンガル人が意外にいて、ベンガル語会話も楽しみました。

Q後輩隊員へのメッセージ
コミュニティラジオ隊員ということで、赴任直後から2年間バングラデシュの暮らしとその音を地元岐阜や、札幌のラジオに向けて発信してきました。地元ラジオ・コミュニティラジオは、日本でも任地でも至るところにある「市民の情報源」。みなさんもぜひ、活動に取り入れてみて下さい。

私は岐阜出身ですが、美濃焼や刀、地歌舞伎など誇れる文化があります。それを再発見できたのは、バングラデシュの生活で、日本を外から浮き彫りにできたから。2国を繋ぐことで、任地と日本の違い&共通点に気づきました。場所が変わっても「人間にとって変わらず大切なもの」が見つかるかもしれませんね!

Q派遣国にもっていって良かった、個人的にこだわりのもの
サケトバ&日本酒です。(イスラム教90%でお酒NGが多く、最大の癒し)

 

多才な学生から、サラリーマンへ。

大学生(英語科) → ラオス(陸上)→ JOCA

立脇 慧一 (わっきー)
わっきー

Q協力隊に来る前の所属は?
学生(教育学部 英語科)

Q協力隊での活動は?
派遣国:ラオス
職種:陸上競技

Q帰国後、なにしてる?(&今後の予定)
・東京で、協力隊を支えるJOCAにいます。
・2020年の東京オリンピックに向けて、どうにか関われないか考え中です。
・高校の英語教員も、将来の選択肢のひとつです。(免許あり)

Q後輩隊員へのメッセージ
JICAボランティアに興味がある方、自分も経験者ですし、今ではそのJICAボランティアを支えるJOCAにいますので、分からないことがあったら何でも訊いてください!

Q派遣国にもっていって良かった、個人的にこだわりのあるもの
折りたたみのギター(voyage air)

Q相談してもいいですか?
facebookで良ければいつでも連絡どうぞ^^

 

* * *

以上、同期13名から、帰国10ヶ月後の近況報告でした!

今回アンケートをお願いするにあたって、なるべくいろんなパターンを紹介したいと思って声をかけています。

このひとは国際協力・海外に関係ない仕事をしてそうだな~と、あたりをつけて聞いてみたり。(でも、ハズレたり。)

みんな意外と「国際協力」関係の仕事・進路についている!

というのが、発見でした。

やっぱり協力隊の経歴はおのずと職選びに影響するし、自分の気持ちも途上国での2年間を経て変化するのかもしれないですね。

アンケートはまだ回答をお願いしている同期がいるので、いくつか揃ったらまた更新します!お楽しみに☆

マタネ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメント投稿は締め切りました。