青年海外協力隊の持ち物リスト(シンプルで使いやすい、便利なExcel付き)

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

packing

こんにちは。目玉焼きは「うに醤油」派の、ボツワナ協力隊のエツコです。

さて、この記事にたどり着いた皆様はきっと、協力隊の派遣を前に 「2年間途上国で生活するのに必要なものって何!?スーツケースに全部はいる気がしない!!」 と焦っていることと思います。

そこで、荷造りがはかどる シンプルな持ち物リスト& その活用方法 を紹介します。

 

まずはExcelファイルをダウンロード

早速、青年海外協力隊の持ち物リストをダウンロードしましょう(わたしの自作リストです)。以下のURLをクリックしてください。このExcelファイルを追加・編集して、自分用の持ち物リストをつくります。

青年海外協力隊の持ち物リスト(jocv_Packing) をダウンロードする
(クリックするとダウンロードが始まります。)

わたしの自作です。拡散希望!(改変・再配布もOKです。)
改変・再配布もOKです。 皆さんでシェアしてご活用ください。

 

必要なものをざっくりイメージする

荷物のだいたいの見当がついていないのに、個々のアイテムの詳細を考え出すと頭が混乱します。まずは次の7つのテーマをみながら必要なもののイメージをつかみましょう。

 

(1) 重要な持ち物
パスポート、航空チケット、現金、JICA書類など。

(2) 生活用品
衣類、薬、アメニティ、日用品など。

(3) 電気製品
PC、デジカメ、ライト、充電器など。

(4) 日本のもの
日本食、おみやげ、文化紹介グッズ。

(5) 活動と息抜き
活動の参考資料、趣味の音楽データなど。

(6) とっておき
贅沢・こだわりのもの、心のこもったもの。

(7) 荷造り用品
スーツケース、手荷物用バッグ、収納ポーチなど。

 

これらの荷物を、90 Lのスーツーケース(海外旅行用の大きいやつ)1個 + 大きめバックパック(45 L)1個 くらい の中につめていくわけですね。 (荷物の多いひとは、90Lのスーツケース × 2、ってこともあります。)

90 Lの大きさのイメージがつかないときは、家庭用ゴミ袋(大)サイズが45 L なので参考にしてください。

 

重要な持ち物を確認する

だいたいのイメージをつかんだところで、具体的に持っていくものの検討に移りましょう。添付のExcelファイルでは、持ち物の重要度を(◎、〇、△)の3段階で表しています。

◎ 絶対必要なもの、忘れると困るもの
〇 持っていったほうがよいもの
△ ひとによって必要/不必要が変わるもの

持ち物リストは81個ありますが、 ◎ のついている重要アイテムはたったの20個。個人的に重要なもの(眼鏡や化粧水など)を加えても、たぶん30個以内におさまるとおもいます。

逆にいえばそれ以外のものは、もし持っていけなくても、なんとか乗り切れるもの。現地で調達もできるし、後で日本から送ってもらっても大丈夫です。

重要なもの以外は、優先順位の高いものから順に、詰められるだけの量を持っていきましょう。

重要アイテム20個。(Excelファイルで、重要度ごとに選択表示できます)
重要アイテム20個。(Excelファイルで、重要度ごとに選択表示できます)

 

「自分に必要なもの」を具体的に検討する。

ここで、ダウンロードしたExcelファイルを開き、自分に必要なものは何か?を考えながらアイテムを加筆修正していきましょう。

派遣国によって状況が違うので、きちんと現地の生活情報を調べることが大事です。任国の在日大使館のサイトで情報収集したり、現役隊員やOB/OG の方にコンタクトをとって、現地の買い物事情を教えてもらいましょう。

また、「青年海外協力隊 持ち物」で検索すると過去の隊員が持っていたものや、実際に行ってみて必要だったもの、不要だったものなどの情報がでてきます。

こちらの記事も参考にどうぞ。
【途上国での生活】日本から持ってきてよかった・贈って喜ばれる日本食まとめ
突然の停電でも安心!「ソーラー充電 アイテム」おすすめ 5選
青年海外協力隊としてボツワナにくるときの持ち物(例1)

 

荷造り上手は、現地の生活に慣れるのも早い

荷造りが上手なひとは、「現地の様子がイメージできている」、「自分が最低限必要とするものを知っている」の2つを兼ね揃えていると思います。

現地のイメージがつかめているのは、事前の情報収集がしっかりできているひと。

自分の必要最低限を知っていて取捨選択ができるのは、自分の価値観を大切にしながらもそれ以外は柔軟に対応できるひと。

そういうひとは、現地の生活に慣れるのも早いと思います。
日本の生活をまるごと持っていこうとしてもそれは無理ですし、そこを理想としていたのでは、慣れない途上国の生活にストレスばかりたまってしまいます。

不便なことを心配して闇雲に荷物を増やすよりも、

「これから行く国に興味をもって、そこでの暮らしをイメージしてみる」

「ミニマムな選択をすることで、自分が本当に大事にしていることに気づく」

このあたりに意識を向けてみたら、荷造りもうまくいくし、任地での新生活も良いスタートをきれると思います。

無事に荷造りを終えて、集合時間に遅刻せずに空港につけますように~!

Tsama ya sentle ! (いってらっしゃい!)

▼持ち物リストのダウンロードはこちらから
青年海外協力隊の持ち物リスト(jocv_Packing) をダウンロードする
(クリックするとダウンロードが始まります。)

 

追記:タンザニアバージョン、できました。

同期隊員が、タンザニアバージョンをつくってくれました。以下のリンクをクリックするとダウンロードできます。

青年海外協力隊の持ち物リスト、タンザニアVer (jocv_PackingTZ) をダウンロードする
(クリックするとダウンロードが始まります。)

他の国のバージョンのご紹介も、歓迎いたします。

ご紹介いただける場合は、こちらまでご連絡ください。
dinaledi.info825@gmail.com

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

青年海外協力隊の持ち物リスト(シンプルで使いやすい、便利なExcel付き)” へのコメントが 1 点あります

  1. ピンバック: ブログをはじめた理由 | パラレルさん、ボツワナ共和国へ行く。