突然の停電でも安心!「ソーラー充電 アイテム」おすすめ 5選

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

ボツワナの太陽の光。力強い。
ボツワナの太陽の光は、とても強い。

こんにちは。協力隊3年目のエツコです。今回は途上国の生活で便利な「ソーラー充電アイテム」を紹介します!

 

途上国の電力事情

わたしは今、南部アフリカのボツワナ共和国で暮らしています。住んでいる町は電気が通っていますが、たまに突然停電したりします。一度停電すると数時間~1日くらい電気が使えません。

そして、活動先の村では、電気が通っていません。そういう村では時間を限定してジェネレーターを使ったりソーラー発電で電源を確保しています。でも、壊れると1年くらい(!)放置されちゃうこともあるので、村に泊まり出張にいくときはライトと携帯の予備バッテリーがかかせません。

 

電池式は、いつ切れるのか不安

ただ、電池式のライトは突然電池がきれるのが心配ですし、ゴミ処理をしっかりしていない途上国に大量の電池を使い捨てていくのもあまり気持ちがよくありません。

そこで、どこでも発電できて&環境に優しい、ソーラー充電アイテムを紹介します。

電気の不安定な途上国で働く予定の方にはもちろんですが、日本でも、キャンプを楽しむときや災害時の備えとしても役立ちますよ。

それではどうぞ!

 

新発想 LEDランタン エクセルーチェ(EXELUCE)

超薄型なのにパワフルな高機能ソーラーランタン(最大200ルーメン)

exeluce

・軽くて小さい!(薄さ なんと1㎝! 大きさ 12×12㎝   重さ 150 g )
・光の強さを10段階で調節可能(20 ~ 200 ルーメン)
・ソーラー充電だけでなく USB急速充電もできる
・暖色、白色の2色のカラーバリエーションあり

 

防水 LED ソーラーランタン Build Excellent

プチプライスな防水ランタン(最大90ルーメン)

bousui

・防水なのでリラックス・バスタイムの照明としても◎
・軽量(100g)で、折りたためる(収納時:9.5×9.5×2.6cm)
・3つの照明モード(明るさ / スーパー明るさ / 非常事態SOS)

 

Solar Ball Mason jar(ソーラー メイソン ジャー)

見た目が可愛い!!キャンプにも持っていきたいジャーランタン

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%b3

・明るさ 15ルーメン程度
・日中8時間くらい太陽にあてておいて、1晩(8時間)もつ感じ
・サイズ: W7.5×D7.5×H13cm(約480ml)  重さ:390g
・ボツワナのロッジやお土産屋さんでもたまに売ってます。

 

くまモンLEDソーラーライト キーホルダー

いつでも持ち歩けるキーホルダータイプ

kumamon

・街灯のない村で玄関の鍵をあけるのに超便利!
・デザインは何でもいいですが、くまモンが可愛かったので。
・私は展示会のノベルティでもらいました。100均でも売ってるかも。

 

PowerGreen® ソーラーチャージ モバイルバッテリー

もうスマホの電池残量を気にしなくていい!大容量バッテリー

mb

・10000mAhの大容量 (1回のチャージで2~3回充電)
・太陽光だけじゃなく、コンセントからの充電も可能
・USBポートが2個あるから2台1度に充電できる

・防水、防塵、耐衝撃!手のひらサイズで軽量(295 g)
・しかもライト機能もある。どんだけ便利なのか!
・スマホに限らず、USB扇風機とか充電してもいいかも。

 

というわけで、電気の不安定な途上国に行くときに持っていきたい「ソーラー充電アイテム」でした。

日本でも最近オフグリットとか流行ってますけど、途上国の農村ってナチュラルにソーラー発電ですよね。電気のない生活も慣れちゃえばぜんぜん平気(月の光でOK)です。

ほしあーみ!
 
↓関連記事もどうぞ。

【途上国での生活】日本から持ってきてよかった・贈って喜ばれる日本食まとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket