ストレスがたまると甘い物を食べたくなる?どうせ食べるなら罪悪感も一緒に楽しもう!

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

(この記事は、「協力隊の活動中にモチベーションが下がったときに試したい 10 のアイディア」その6についての補足です。)

coca-cola-462776_1280
どんな国にもコーラは必ずあって、ありがとうって思います・・・。

こんにちは。最寄りのスーパーについにホイップクリームのスプレー缶が入荷されて幸せ絶頂なえつこです。とりあえずオレオに添えて食べました。幸せ。

ところで、ストレスがたまってるときって、無性に味の濃いものが欲しくなりますよね。わたしはストレスが溜まってイライラしたときは決まって、コーラが飲みたくなります。

もう今日は無理!ってときは「コーラ・ポテトチップス・チョコレート」の3点セットに決まりです。ひどいときは1人で一晩で1.5Lのコーラを空けてしまって、さすがにケミカルな味が気持ち悪くなって「これ以上飲んだらマズイかも・・」となることもしばしば。

 

ストレスが溜まってるときに「味の濃いもの」を食べるのは良い?悪い?

chips-843993_1280

毎日のように缶ジュースを飲んだり、油や塩味の強いものばかり食べていたら明らかに体に悪そう・・・(ボツワナ人はよくやってるけど)、というのはわかるけど、”ストレスの溜まっているときに限り”味の濃いものを食べるのはアリなのか?それとも逆効果で余計にストレス増幅されちゃうのか?

気になったのでネットで調べてみました。

NAVER まとめ
“塩味”を欲しがる時と“甘いもの”を欲しがる時の体の状態とは

簡単にいうと、「ストレスで副腎が疲れると、塩っぱい味(ミネラル)がほしくなる」「緊張しているときや悩んでいるときには、甘い物(セロトニン※)がほしくなる」ということみたいです。

(※正確には、セロトニンは心を安定させる作用があって、このセロトニンはタンパク質に含まれるトリプトファンっていうアミノ酸から作られるんだけど、甘いもの(ブドウ糖)がこのトリプトファンを脳に運ぶのに必要とのこと。)

慢性的に濃い味のものをとるのはもちろん体に悪いけど、”ストレスを感じているとき”に限って摂るぶんには、疲れの解消・リラックス効果になるので良いみたいですね。

 

とはいえ、カロリーや高血圧が気になる。

精神的に安定したいけど、太るのは嫌・・!○○値が・・!ということもあると思うんですが、その場合には体が必要としている成分を味の濃いもの以外で摂ることもできます。

ざっくりいうと、魚介・海藻類、ナッツ、果物、乳製品とか食べたらいいよって感じでしょうか。詳細は以下をどうぞ。

◎セロトニンを増やす食べ物 (甘いものが欲しいとき)
乳製品、大豆食品、魚、肉、ナッツ類、ポリフェノール多い系(赤ワイン、グレープフルーツジュース、ナッツ)
引用:セロトニンを増やして疲労回復 http://fatigue.hajime888.com/f014.html

◎ミネラル・ビタミンを多く含む食べ物(塩っぱいものが欲しいとき)
乳製品、豆類、魚介・海藻類、ナッツ類、レバー、野菜、果物
タニタのサイトより引用:http://www.karadakarute.jp/tanita/diet/diet060.jsp

breakfast-1235367_1280
こういうのを毎日ちゃんと食べたらいいんだとおもう。できないけど。

 

でもねー。わたしも我慢できるときはポテトチップスじゃなくてナッツにしたり、コーラじゃなくて無糖の炭酸水にしたりするんですけれど。やっぱり、「コーラじゃないと・・・だめ・・・!!!無理!!!」というときもありますよね。人間だもの。

 

「イケナイこと」をしていること自体を楽しんでしまおう。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0
もちろん飲み物はコーラで。

いろいろ代替手段を考えましたが、ストレスを感じているから味の濃いものがほしいっていうのに、そこで禁欲的になったら余計疲れてストレス溜まっちゃうんですよ!!

もう、だから、食べちゃおう。と。

で、どうせ食べるんだったら、めちゃくちゃストレス解消できる食べ方しよう。と。

そこでおすすめなのが「ダメなことをしてる自分を甘やかして楽しむこと」です。

仕事さぼってズルしたり。人を傷つけたり、校舎の窓ガラス割ったり・・・。そういうダメなこと(=甘え)って、周りに迷惑かけちゃうのでできないけれど。「自暴自棄になって甘いものを食べる」くらいのダメなことなら、誰にも迷惑かけませんので。


「もう今日は最高に体の悪いものを食べてやるっ!(ドヤ顔)」


「お菓子爆買いして5000円も浪費してやるっ!(ニヤリ)」

「食べきれないほど料理してだいたい残してやるっ!(ハッハッハー!)」

こんな感じで自分を甘やかすと、単に甘いものを食べるよりもストレスの解消になります!効果的に甘えて、ストレス解消して。心の回復に努めましょう。

なぜここ(悪いことをする気分を楽しむ)を強調するかというと、協力隊員の肩書きって、ときに息苦しいからです。

日本の政府から派遣された「公人」であり、不便な途上国で社会貢献をする、清く正しいボランティア。自分の任地から離れて外泊するときは土日のプライベートであっても旅程を報告しなければならないし、犯罪被害にあったら事務所の評価が落ちると怒られるし。情報発信するにも、炎上しないように、当たり障りのないことをいうように・・。任国の悪口をおおっぴらに言わないように・・。

そんな“優等生”の枠の中だけで生きてたら、息がつまります。張り詰めたストレスの中で、良いパフォーマンスはだせません。でも一方で、ほんとに間違ってハメを外しすぎて事件や事故にあってしまう危険性があるのも、また確か。

だからたまには、(小さな、くだらないことで)悪いヤツになって、ハメをはずして、ガス抜きをすることが必要だと思うのです。

 

ちなみに

ねるメスライオン

というわけで、私は「活動でストレス溜まったら、迷わず暴飲暴食してモチベーション回復派」なのでありますが。ひとつ注意点として、食べ過ぎ・飲みすぎは胃腸が疲れます。その胃腸の疲れが原因でだるくなったり、気持ちが落ち込んでしまう「負のループ」にはまっちゃうことがあるので気をつけましょう。

このときの対処方法は「寝ること」です。睡眠不足だと胃腸が休めなくて疲れます。あと、そもそも睡眠時間が短いと味の濃いものがほしくなるみたいです。

なにをしてもモチベーションがあがらないときは、諦めて寝るのが一番。ですね。

うまくストレスマネジメントして、慣れない途上国での生活をのりきっていきましょう!

それではこのへんで。ほしあーみ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket