野生のゾウと一緒に走れる!? 「チョベ・マラソン」のクラウドファンディグに挑戦中

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

ボツワナ協力隊のコウさんが、COUNTDOWNサイトのクラウドファンディングに挑戦中です。

・野生の象と走ろう!「ボツワナ チョベ・マラソン」のクラウドファンディング

 

ゾウの楽園、チョベ国立公園の中を走る夢のマラソンコース

このチャレンジの目的は、今年で独立50周年を迎えるボツワナでチョベ国立公園の中を走るマラソン大会を開催し、世界中の人にボツワナという国を知ってもらうことです。
このマラソンコースがすごい!

———————————————————————-
会場のクレスタ・モワナ・ホテルから、カサネの中心街を通って、そのままチョベ川沿いに国立公園に入り、後半はザンビア国境に近いカズングラまでを往復する、全体的に平坦で変化に富んだコースです。コースの途中で象やイノシシなどの野生動物と出会えるかも?
———————————————————————-
クラウドファンディングのプロジェクトページから引用

このイベントを開催するには、オンライン登録のできるサイト制作や広報、ナンバーカードやデータ取得のためのチップ購入、給水・トイレ・救護などの設備などが必要です。

そのため、100万円の資金獲得をめざす90日間のクラウドファンディングにチャレンジしています。

 

ボツワナの若き逸材、マータくん

マータfb
マータくん。ボツワナの発電所で働く、26歳。

実はこのプロジェクトがはじまったのは、あるボツワナの青年との出会いがきっかけ。

チョベマラソン推進者のマータ・セボコロディくん。
ボツワナ電力の発電所でオペレータとして働く、26歳の青年です。

 

遡るは昨年の12月。私のFacebook宛にメッセージが届きました。

まーたくん

———————————————————————
雑誌みて連絡しました! (*)
ボツワナを向上させるアイディアがあるから
相談にのってほしい! 手伝ってほしい!
———————————————————————
(*ちょうど頃、ボツワナの雑誌にGift from Botswanaの記事が載ってました) 

と、熱い内容。

 

ちょっと面倒だなあ・・・
(大体こういうのはアイディアの内容がほぼなく、とにかくやりたい!丸投げ!ということが多いんです。)

と思いつつも、話だけは聞いてみるかと思ってメールアドレスを伝えたところ・・

 

 

なんかすごい企画書が送られてきた!!!!

マータくんの送ってくれた企画書の一部
マータくんの送ってくれた企画書の一部

まず企画書をちゃんと作っていることが驚き。

4つも違うアイディアがある。

なんという逸材!!!!!

のアイディアのひとつが、チョベマラソンでした。

 

そこで、以前からボツワナのスポーツイベントに興味のあったボツワナ協力隊のコウさんに話をしてみたところ、興味をもっていただいて。マータくんをサポートしていただけることになり、チョベマラソンの企画がスタートしました。

DSCF1300_R

おっとりして競争心のない、計画をたてることが苦手なボツワナ人。
そんなボツワナコミュニティの中で、マータくんのような

・見ず知らずのひとにFacebookで話しかけて協力を求める行動力

・アイディアを企画書に落とし込んで推進していく提案力

・見積もりの取得など地道な仕事もできる実行力

をもっているひとは、本当に少ないので。
「いつも同じところにいると気づけないけれど、ボツワナには素晴らしい人財が眠ってるんだな。」と感じられたことが、とっても嬉しかったです。

そしてまだ26歳という若さで今回のような大きな企画に携わるマータくんは、きっと将来30代、40代になったときにさらに成長してボツワナをひっぱってくれることと思います。そんな期待ができるのも、また嬉しい!

 

マータくん&コウさんの2人がたちあげたプロジェクトは、周囲のひとのサポートを得ながら着実に進んでいっています。

ボツワナの逸材マータくんとハイパーアクティブシニアのコウさん。
ボツワナの逸材マータくんと、ハイパーアクティブシニアのコウさん。

まずは資金調達が成功の要になりますが、現在クラウドファンディングサイトで開始5日目、55,000円の寄付が集まっています。まだまだ道のりは長いですが、出だしは好調。

こちらのCOUNTDOWNのサイトは1円でも目標金額に達しない場合は寄付がもらえない ”オールorナッシング型”です。どきどきしながら、祈りながら。最後まで応援したいと思います。

なお、寄付していただいた方へのお礼としてGift from Botswanaのクラフトが買える商品券をご用意しています。(でも、実は商品在庫があまりないので、今慌てて用意しているところ。)

こちらもまたチャレンジになりますが、この機会にMmea村・Xere村の女性達をみっちり鍛えたいと思います。(お客様の目に触れ、自分たちがつくった商品が届く先を意識するのが一番の成長機会なので。)

マータくん&コウさんに負けないように、Gift from Botswana チームもがんばっていきます!

DSCF6502_R

ホシアーミ☆

 

野生の象と走ろう!「ボツワナ チョベ・マラソン」のクラウドファンディングはCOUNTDOWNのサイトから寄付いただけます。TwitterやFacebookでサイトをシェアしていただけるのもありがたいです。ページは日本語・英語に対応しています。マータくん&コウさんのチャレンジ、応援よろしくお願いいたします!

日本語ページ:https://www.countdown-x.com/ja/project/T5399702
英語ページ:https://www.countdown-x.com/en/project/T5399702

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。